iPhoneのアフターケア

バナー

iPhoneのアフターケア

iPhoneは他社のスマートフォンとアフターケアの形態が全然異なります。

他社のスマートフォンはキャリヤの窓口がアフターケアの窓口になるのに対して、iPhoneは持ち込みの場合、直接窓口となるのはAppleストアもしくは、Appleの正規サービスプロバイダに持ち込むことになります。

しかし、AppleはAppleケアによるサポートが充実しているので、直接持ち込む必要もありません。


PCにつないでiTuneを利用している場合などは、Appleのサービススタッフとチャットでやり取りしながら、修理の方法などを打ち合わせる事ができます。



そして、修理というより、Appleの場合は交換になってしまう(新品もしくは、新品同等品)ので、エクスプレス交換サービスが利用可能な場合は代替機を用意する必要も無く、交換品が先に送られてきます。

そして、修理に出すiPhoneのSIMカードを抜き、送られてきたiPhoneに差し込むだけの手間がかかるだけ。

新品を受け取ると同時に、故障したiPhoneをその場で手渡します。

梱包する必要もありません。



窓口で、販売員と相談しながらやり取りしなければどうしていいのか分らない・・そんな方には、窓口で面前対応してもらうのが安心ですし、「何を質問してよいのか分らない」そんな場合にも窓口の存在は重要でしょう。しかし、ある程度の知識があればAppleのようなサービスはわざわざ出向く手間が省けるために、利用しやすいシステムです。



Copyright (C) 2015 iPhoneのアフターケア All Rights Reserved.